「 投資方針と手法 」一覧

高配当の雄、武田薬品工業株の購入を検討

高配当の雄、武田薬品工業株の購入を検討

投資雑誌の高配当銘柄特集などで、キヤノンやNTTドコモなどとともに必ずといっていいほど取り上げられる武田薬品工業は、以前から監視対象にはしていました。 本日の終わり値ベースでの予定配当利回りが3.44%あり、この数字だけを見ると魅力的に見えます。 また竹田薬品工業は知らぬ人はいない超有名企業であり、身近にその商品を見かけることも多いことから、保有することにある種のステイタス感を感じられるとともに、安心感を持って保有できる気もします。 自己資本比率も47.8%と健全です。PBRは約2倍で割安感は無し。PERも今期予想で43.8倍と高くなっています。これらを踏まえてどう判断するか。

実は儲けの原泉、休むも相場投資法

実は儲けの原泉、休むも相場投資法

先週末の株式資産額が55,848,456円でしたので、今日一日で資産が50万円以上目減りしたことになります。目減りしてうれしいはずはありませんが、このくらいでは全然応えません。どうせなら年度末も近いのですから、買いたくなるくらいボーラクしてくれればいいのですが今はまったく買い時とは思えません。以前にも書きましたがポジションが軽くなった時は要注意で、買い急ぎをしてしまう傾向があります。売りをした後は「休むも相場」を強く意識するようにしています。

【初公開】月のマグマ株式保有銘柄一覧を公表

【初公開】月のマグマ株式保有銘柄一覧を公表

月のマグマの保有銘柄を公表します。好配当銘柄を中心に36銘柄に投資中。これらの持ち株から得られる年間予定配当予定額は170万円超(税込み)となっており、利回りにして3.14%となっています。先日の北陸電力のように、購入後減配となった銘柄もありますので仕方無い部分もありますが、できれば配当利回りで3.2%~3.5%くらいは確保したいところです。

今後会社は給料をもらう所から配当をもらう所に

今後会社は給料をもらう所から配当をもらう所に

今日の東京市場は閑散相場でした。ただ朝方大きく値を下げていたのがその後プラスに転じて、そのままプラスを維持して取引を終えたので、ひけ味は悪くは無かったと思います。そんな中、月のマグマの株資産は若干下げていますが、まったく気にならないレベルです。

株式資産1999年投資開始以来過去最高額を更新【イキナリ突破!】

株式資産1999年投資開始以来過去最高額を更新【イキナリ突破!】

トランプ大統領就任後初の日米首脳会談を受けて株価は上昇。月のマグマの資産額も1999年の投資開始以来の最高額を更新。3銘柄を売却。うち1銘柄は月のマグマにしては珍しい損切りでの売却。他2銘柄は好配当の優良資産でしたが、一定の利が乗ってきたため一部売却。

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)
レクタングル広告(大)
1 2 3