好決算発表で高騰した兼松エレクトロニクスを売却して利益確定

本日から5月相場開始となりました。

電子基板20170501

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)

5/1本日の全体相場概況

■5/1(月)株価指数

  • 日経平均 19,310.52     +113.78(+0.59%)
  • TOPIX   1,539.77       +7.97(+0.52%)

本日はほぼ終日を通して右肩上がりの相場付きでした。3月決算数字を発表した会社のうち、好決算だった銘柄が素直に買われるものが目立った印象でした。

兼松エレクトロニクスを利益確定売り

月のマグマ銘柄においても、先週金曜日に好決算を発表した兼松エレクトロニクス(8096)が8%を超える上昇を見せました。それに乗じて持ち株の全てである100株を売却しています。

【2017年3月期決算発表】日新製鋼、ショーワ、兼松エレクトロニクス、フジ住宅各社明暗分かれる

増配を発表した兼松エレクトロニクスは、本日東証一部の値上がり率第24位にランクインしました。

朝からほぼ一本調子での値上がりとなりました。大幅高で始まったものの「せいぜい高値はここら辺だろう」と、切りの良い3,100円で指値をしていたらあっさりと約定してしまいその後株価はさらに上へと突き抜けていきました。

兼松エレクトロニクス売却画面20170501

結局高値は3,250円まであり、ほぼ高値圏の3,235円で引けています。VWAPも3,149.798円となり、月のマグマの3,100円の指値が惜しまれる結果となってしまいました。

兼松エレクトロニクス20170501チャート

※上記株価チャートはヤフーファイナンスより引用

昨年12月7日に単価2,348円で100株購入していた分を売却したため、税金・手数料を引いて59,457円の利益確定となりました。同株の年間配当額は90円ですので、グロスで計算しても配当金収入で6年分以上の利益を確定させることができました。

その他月のマグマ銘柄で目立った値動きとしては、同じく先週金曜日に決算発表を行ったショーワ(7274)が業績回復を手がかりに東証一部の値上がり率5位に入るストップ高の上昇となりました。

【2017年3月期決算発表】日新製鋼、ショーワ、兼松エレクトロニクス、フジ住宅各社明暗分かれる

株式投資の王道の現在地

■月のマグマ株式資産額

 2017年5月1日大引け時点

 55,784,942円

   先週末比 +379,550円  +0.69%   

本日も大きく資産額を回復させることができました。今週はゴールデンウィークで残す営業日は明日一日だけとなります。さらなら株価の上昇を期待したいと思います。

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)
レクタングル広告(大)

シェアする

フォローする