【黒田電気】村上ファンド銘柄を100株売却・利益確定

【黒田電気】村上ファンド銘柄を100株売却・利益確定

本日の月のマグマは黒田電気(7517)を100株売却しました。2016年1月に2,140円で購入していた分を売却しました。 税金・手数料を引いて32,245円の純利益確保となりました。予想配当金額が一株あたり95円ですので、3年分超のグロス配当金を売却益で確保できました。 黒田電気といえばあの村上ファンドが一時手がけていたことで有名な銘柄です。村上氏は2014年から2015年にかけて同社株を買い増し、「元祖物言う株主」として株主還元を強く要求したりしました。

低位安定のストッキング会社を利益確定の日に株式資産額過去最高更新

低位安定のストッキング会社を利益確定の日に株式資産額過去最高更新

そんな中、本日の月のマグマはアツギ(3529)を1,000株売却しました。 残り保有株数が1,000株のみでしたのでこれで売りきりとなりました。 アツギは婦人用ストッキングを主力製品とする繊維メーカーですが、業績は低位安定飛行が長期間続いていました。

減配銘柄北陸電力のこれまでの買値を全部公開

減配銘柄北陸電力のこれまでの買値を全部公開

本日月のマグマは北陸電力を1,084円で100株ナンピン買いしました。先日1,123円で、減配発表後初となるナンピン買いを行って以来となります。原発停止後もなんとか安定的に配当を出し続けてきた同社ですが、ついに先日の第三四半期決算時に大幅減益とそれに伴う減配を発表し、それ以降株価は大きく下落していました。

株価持ち直し傾向のキヤノンから株主総会通知が届く

株価持ち直し傾向のキヤノンから株主総会通知が届く

元祖高配当株ともいえるキヤノンから株主総会通知が届きました。ここのところの月のマグマはソフトバンク社債を買ったり、日新製鋼のTOBに応じたりと柄にもなくジタバタしていましたので、投資の王道を思い出させてくれるありがたい知らせとうけとめました。キヤノンと言えば泣く子も黙る好配当銘柄の代表とも言える銘柄であり、財務、安定性、配当への姿勢と文句のつけようの無いお宝銘柄です。

日新製鋼のTOB終了!応募株数が買い付け株数上回る

日新製鋼のTOB終了!応募株数が買い付け株数上回る

日新製鋼TOBの結果が本日15:30に発表されました。本日の日新製鋼株価は、月のマグマの予想に反して朝からTOB価格の1,620円を上回って推移しました。そのまま上昇して11時前に本日の髙値1,659円を付けました。その後も押し戻されることなく、高値圏の1,652円で取引を終えています。出来高は平凡で、にここ数日からの極端な増減はありませんでした。そして、15:30に発表された応募株数。

【要注意!】お貸株制度使っている人には要注意な銘柄とは

【要注意!】お貸株制度使っている人には要注意な銘柄とは

貸株制度とは個人投資家が、保有している株を証券会社に貸し出して、証券会社から貸株料と呼ばれる金利を受け取る制度です。証券会社は借りた株を使って、信用取引の売り注文に応じます。証券会社は信用売り建てをした人から貸株料を受取り、そのうちの一部を貸株サービスで株を貸してくれた投資家に金利として払います。

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)
レクタングル広告(大)
1 16 17 18 19 20 21 22