【暴落警報?】株価は結構な値幅の下落

こんにちは、月のマグマです。

本日の日本株は結構な値幅の反落となりました。

ここのところ、好調な値動きが続いていましたので、そろそろ来る頃かなと思っていた調整が来るべくして来た、という感じなのでしょうか。

日経平均 19,238.98円 -220.17 (-1.13%)
TOPIX 1,539.12 -15.08 (-0.97%)

朝から大引けまで一貫して下げました。

日中を通じて大きな反発も無く下げ続けるような相場付きは、ここのところあまり無かったと思います。

急なリスクオフムードに、ひとまず当面の利益確定に動いた向きが多かったというイメージでしょうか。そんな中、本日の月のマグマは売買はしていません。

ここの所の株価上昇で月のマグマの保有株及び、環視銘柄も軒並み高値圏のものが多くなっており、少々の下げくらいでは買い妙味がある水準まで到達しないので、当然と言えば当然です。「安く買って高く売る」の大原則を忘れてはいけません。

そもそもが、長期投資を標榜している以上当然と言えば当然なのですが、極力取引回数は減らすよう心がけています。

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)

株式投資では取引回数は少なければ少ないほど良い

長期投資を心がければ、自然と取引回数は減ってきます。

最も極端な形の長期投資は「買ったら売らない」という投資行動になります。実際にそういう猛者も世の中には存在します。

オマハの賢人の愛称で知られる、ウォーレン・バフェットなどが、それを実践している代表格と言えるでしょうか。

また、個別株では無く、インデックス投資と呼ばれる株価指数、つまりは全体株価に投資する方たちは、基本買いっぱなしか、あるいは積み立て投資をする方が多いようです。

私、月のマグマは個別株投資ですので、経済全体の右肩上がりを信じて、半永久的に保持する、というところまでは極めることが難しいのですが、そこまではいかなくとも、買ったら当面は保持して配当を受け取り続ける、というスタンスでいくべきと考えています。

経験的にも短期で売買を繰り返すより、じっくりと持ち続けた時の方が大きく利益を取れたことが多い、と感じています。

2017年2月14日現在株式資産額
55,126,537円

下落したと言ってもこの程度です。

まったくもって慌てる必要などありません。3月末の年度末も見えてきていることですし、何ならこのまままったく取引無く権利日まで行っても良いと考えています。

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)
レクタングル広告(大)

シェアする

フォローする