シャーメゾンブランドでお馴染みの積水ハウスから中間配当を受け取る

本日は方向感の出ない相場付きの中、月のマグマ資産は微減となりました。

積水ハウス中間配当計算書イメージ20171002

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)

積水ハウスから中間配当が支払われる

そんな中、積水ハウス【1928】から本日配当金を受け取りました。

今回支払われたのは2018年1月期の中間配当です。

今回の一株あたり配当金額は37円であり、月のマグマの保有株数は700株でした。

 @37円×700株=25,900円(税引き前配当収入)

 25,900×0.20315=5,261円(税金)

上記計算により所得税・復興特別所得税及び住民税を引いた手取り額で20,639円の配当金受け取りとなりました。

いつも通り全額を株式資産に組み入れて、再投資に廻します。

こうすることで資産に複利効果を効かせることができるようになります。

株式資産額2017年10月2日現在

本日大引け時点での月のマグマ株式資産額を公表します。

月のマグマ株式資産額

2017年10月2日大引け時点

59,452,748円

・先週末比            -138,761円(-0.23%)

・ブログ開始時比   +4,921,780円(+9.03%)

保有銘柄も高安まちまちでしたが、保有株数の多い銘柄に下げたものが目立ち、全体としては10万円オーバーのマイナスとなってしまいました。

休むも相場とはまさに今のようなことを言うのだと思います。

ひと通り直近で上昇した銘柄の利益確定は済みましたし、全体相場は過熱しているとは言わないまでもほとんどの銘柄が割高な水準にありとても買い出動する気になりません。

半年くらい相場から離れた方が吉なのかも知れません。

実は儲けの原泉、休むも相場投資法

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)
レクタングル広告(大)

シェアする

フォローする