東北電力がまさかの無配転落でお通夜のような週末・月末の日になってしまう

3月期末決算企業の第1四半期決算の発表が始まっています。

自動遊具のイメージ20220729

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)

株式資産額2022年7月29日現在

本日大引け時点の月のマグマ株式資産は下記のようになりました。

月のマグマ株式資産額

2022年7月29日大引け時点

79,101,478円

・前日比          -707,500円(-0.89%)

・先週末比       -351,108円(-0.44%)

・ブログ開始時比+24,570,510円(+45.06%)

本日はそこそこの資産減少となりました。

今週は月曜日木曜日の2度に渡って資産額過去最高記録を更新したのですが、終わって見れば結局は先週末比でマイナスに沈んでしまいました。

ブログ開始後284週終了時点の運用状況

今日でブログ開始後284週が終了しました。

本日大引け時点の運用状況を報告したいと思います。

■ここ最近10週間の週末時点資産額推移

2022/5/27 76,532,633円
2022/6/3 77,081,487円
2022/6/10 77,564,475円
2022/6/17 76,373,329円
2022/6/24 77,257,823円
2022/7/1 76,173,476円
2022/7/8 77,756,905円
2022/7/15 77,801,386円
2022/7/22 79,452,586円
2022/7/29 79,101,478円

かろうじて7900万円台はキープすることが出来ました。

ブログ開始以来の週末ごと株式資産額推移グラフ

下図は、ブログ開始(2017年2月12日)時点から現在までの、株式資産額の週末ごと推移をグラフ化したものです。

20220729月のマグマ資産棒グラフ

高値圏で微減だったことがグラフからも見て取れます。

対TOPIX比較チャート

下記のグラフはブログ開始時2017年2月12日の月のマグマ資産と、ベンチマークであるTOPIXをそれぞれ100として、その後の両者の推移を表しています。

対TOPIX折れ線グラフ20220729

今週は月のマグマ・TOPIXともに下落となりました。

しかし下落率でTOPIXが僅かに上回ったため、両者の差がまた少し広がりました。

今週の株式取引及び受取配当金等

今週の現物買い

無し。

今週の現物売り

日付 銘柄 単価 数量 売却額 利益額
7/26 あおぞら銀行 2821 100 282,100円 ▲32,952円

今週は値を上げてきたあおぞら銀行に追加の売却を行いました。

以下その取引の詳細です。

【あおぞら銀行】の取引の精算

購入単価 3310円
売却単価 2821円
売却株数 100株
粗 利 ▲48,900円
購入時手数料 244円
売却時手数料 0円
税 金 ▲16,192円
純利益 ▲32,952円

税金の戻り分を加味しても3万円超の損失が確定しました。

おかげで損出しも相当捗って来て、もう今年分の利益をほぼ帳消しに出来る位まで来ました。

今週の信用取引

無し。

今週の受取配当金とその他入金等

無し。

2022年7月の月間投資成績

本日で2022年7月の相場が終了しました。

以下今月一ヶ月分の投資成績を振り返りたいと思います。

7月末時点月のマグマ株式資産額

前月末時点:76,934,074円

今月末時点:79,101,478

前月末比:+2,167,404円

月間騰落率:+2.82

月末になって寂しい相場付になってしまいましたが、先月末比では200万円以上のプラス維持となりました。

2022年7月末時点、月のマグマ全保有銘柄

続いて7月末時点での保有銘柄リストです。

コード 銘柄 保有株数
1808 長谷工コーポレーション 900
1898 世紀東急工業 1000
1928 積水ハウス 800
1941 中電工 1000
1961 三機工業 700
2914 JT 6300
3106 クラボウ 100
4208 UBE 400
4502 武田薬品工業 1200
4530 久光製薬 200
5933 アルインコ 300
6113 アマダ 900
6178 日本郵政 700
7751 キヤノン 3100
8002 丸紅 600
8031 三井物産 100
8053 住友商事 700
8058 三菱商事 400
8133 伊藤忠エネクス 400
8140 リョーサン 100
8304 あおぞら銀行 1800
8306 三菱UFJFG 1500
8316 三井住友FG 4000
8411 みずほFG 900
8591 オリックス 1600
8860 フジ住宅 1200
9422 コネクシオ 200
9432 NTT 300
9433 KDDI 300
9434 ソフトバンク 500
9503 関西電力 1100
9504 中国電力 2100
9506 東北電力 3300
9508 九州電力 2000

※HDはホールディングスの略

※FGはフィナンシャルグループ又はフィナンシャル・グループの略

銘柄数は先月末から変わらず34銘柄です。

その他売買で保有株数に変化のあったものを赤字で表しています。

今月も結構頻繁に売買を行いました。

2022年7月の現物株全購入履歴

  • 7/1、アルインコ、845円×100株
  • 7/6、九州電力、860円×200株
  • 7/19、東北電力、736円×100株
  • 7/20、九州電力、889円×100株
  • 7/21、東北電力、726円×100株
  • 7/21、九州電力、882円×100株
  • 7/22、中国電力、860円×200株
  • 7/22、東北電力、716円×200株
  • 7/22、九州電力、867円×100株

今月も電力株を中心に買った月となりました。

月間の総購入代金は981,700円となりました。

2022年7月の現物株全売却履歴

  • 7/8、中国電力、887円×100株
  • 7/11、中電工、2144円×100株
  • 7/11、中国電力、906円×100株
  • 7/13、九州電力、890円×100株
  • 7/13、九州電力、907円×100株
  • 7/26、あおぞら銀行、2821円×100株

売りについても電力株を中心に行いました。

売却総額は855,500円、その結果7月は126,200円買い越しとなりました。

保有銘柄内訳一覧

続いて組み入れ銘柄ごとの株式資産に占める割合のグラフです。それぞれの銘柄の購入額ベースでのシェアを上位10位まで示しています。

月のマグマ資産内訳円グラフ20220729

上位銘柄の顔ぶれに変化はありません。

上位10銘柄の配当利回り

保有銘柄上位10社の各配当利回りは下記の通りとなります。

銘柄 配当利回り
JT 5.83%
三井住友FG 5.70%
キヤノン 3.19%
あおぞら銀行 3.94%
武田薬品工業 5.10%
東北電力 0%
オリックス 5.08%
中電工 4.25%
中国電力 4.56%
積水ハウス 4.98%

今日は非常にショッキングな出来事がありました。

東北電力が今年度の配当方針を無配にしたのです。

月のマグマ株式資産のシェア6位を占めていた東北電力の無配というのは、非常に痛い出来事です。

これで年間の予定受取配当金額が10万円以上減ってしまいました。

減配くらいはあるかもとは思っていましたが、まさか一気に無配転落とは思っても見ませんでした。

7月以降の見通し等

とりあえず無配を発表したのは東北電力だけですが、その他の電力会社も軒並み今年の配当予想を未定としています。

今後東北電力に次いで無配を発表する電力会社が相次ぐかも知れません。

とりあえずこれまで続けて来た電力会社への追加投資は一旦止めざるを得ない状況になりました。

保有銘柄の減配というのは古くはあおぞら銀行からキヤノン、JTまで数々経験してきましたが、無配というのは中々インパクトがあります。

じっと耐える季節が始まってしまいました。

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)
レクタングル広告(大)

シェアする

フォローする

関連コンテンツユニット