月のマグマ株式資産は低位安定中、あおぞら銀行などから配当受取り、ブログ開始後72週終了

相変わらず国外要因に振り回されて方向感が定まらない相場展開が続いています。

スタジアムでサッカーの応援をする人々20180629

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)

株式資産額2018年6月29日現在

本日大引け時点の月のマグマ株式資産は下記のようになりました。

月のマグマ株式資産額

2018年6月29日大引け時点

62,014,974円

・前日比              +348,569円(+0.57%)

・先週末比           -7,806円(-0.01%)

・ブログ開始時比  +7,484,006円(+13.72%)

本日の全体相場は朝方大きく下げた後に後場から急激に値を戻す展開となりました。

月のマグマ株式資産は35万円近く一日で増加しました。

シナネンホールディングスから期末配当金を受取り

シナネンホールディングス【8132】から3月期末配当金を受け取りました。

シナネンホールディングス配当金計算書イメージ20180629

取配当単価:75円

持ち株数:100株

配当金総額:7,500円(税金:1,523円)

受取金額:5,977円

シナネンの株価は今週水曜日には高値2843円を付け、今年4月に記録した年初来高値2859円に迫る水準まで上げてきました。

月のマグマも売却を検討したのですが本日は下落してしまい2796円で終えています。

あおぞら銀行から期末配当金を受取り

あおぞら銀行【8304】から3月期末配当金を受け取りました。

あおぞら銀行配当金計算書イメージ20180629

取配当単価:54円

持ち株数:1200株

配当金総額:64,800円(税金:13,164円)

受取金額:51,636円

同社は日本の上場企業では珍しい四半期配当を行っており、これが今期4度目の配当受取りとなりました。

東北電力から期末配当金を受取り

東北電力【9506】から3月期末配当金を受け取りました。

東北電力配当金計算書イメージ20180629

取配当単価:20円

持ち株数:700株

配当金総額:14,000円(税金:2,144円)

受取金額:11,156円

原発未稼働でありながら、企業努力で配当を継続してくれている東北電力はありがたい存在です。

ブログ開始後72週終了時点の運用状況

今日でブログ開始後72週が終了しました。

本日大引け時点の運用状況を報告したいと思います。

■ここ最近10週間の週末時点資産額推移

2018/4/27 62,467,289円
2018/5/2 62,568,114円
2018/5/11 62,841,622円
2018/5/18 63,658,461円
2018/5/25 62,512,621円
2018/6/1 61,930,955円
2018/6/8 62,628,930円
2018/6/15 62,896,243円
2018/6/22 62,022,780円
2018/6/29 62,014,974円

先週末時点からは微減という結果になりましたが、今週も引き続き3月期末企業の配当受取りが続いているため、実際にはこの数字以上に持ち株の評価額は下がっています。

ブログ開始以来の週末ごと株式資産額推移グラフ

下図は、ブログ開始(2017年2月12日)時点から現在までの、株式資産額の週末ごと推移をグラフ化したものです。

20180629月のマグマ資産棒グラフ

さすがにこの資産規模での前週比1万円未満の増減額では、グラフ上ではほぼその変化は分かりません。

対TOPIX比較チャート

下記のグラフはブログ開始時2017年2月12日の月のマグマ資産と、ベンチマークであるTOPIXをそれぞれ100として、その後の両者の推移を表しています。

対TOPIX折れ線グラフ20180629

ほぼ先週末比横ばいだった月のマグマに対して、TOPIXは大きく値を下げたため、両者の差は拡大しました。

今週の株式取引及び受取配当金等

今週の買い

無し

売り

無し

今週の受取配当金

  • ハークスレイ、200株分、2,869円
  • フジ住宅、700株分、7,252円
  • 三井物産、600株分、19,125円
  • デクセリアルズ、1200株分、19,125円
  • 新興プランテック、200株分、6,216円
  • 住友商事、400株、10、838円

※全て税引き後金額

合計:65,425円

その他・貸株料等

無し

2018年6月の月間投資成績

本日は週末であると同時に6月相場の最終営業日となりましたので、1ヶ月間の運用成績を公表したいと思います。

月末時点月のマグマ株式資産額

先月末時点:62,027,968

今月末時点:62,014,974円

差額:-12,994円

騰落率:-0.02%

大きく上下に動いた1ヶ月だった印象があったのですが、終わってみれば先月末からほぼ変わらずという水準で終えました。

しかしこちらも配当金を受け取っていることから考えると、実質は結構資産減少となっていることになります。

2018年6月末時点、月のマグマ全保有銘柄

6月末時点での保有銘柄リストです。

コード 銘柄 保有株数
1928 積水ハウス 700
2914 JT 1500
3106 クラボウ 1000
4550 日水製薬 200
4973 日本高純度化学 400
4980 デクセリアルズ 1400
5413 日新製鋼 1600
5933 アルインコ 400
6178 日本郵政 700
6379 新興プランテック 200
7182 ゆうちょ銀行 600
7561 ハークスレイ 200
7751 キヤノン 2500
8002 丸紅 900
8031 三井物産 600
8053 住友商事 400
8132 シナネンHD 100
8304 あおぞら銀行 1200
8306 三菱UFJFG 100
8316 三井住友FG 1200
8411 みずほFG 5300
8591 オリックス 200
8860 フジ住宅 700
9433 KDDI 500
9437 NTTドコモ 900
9504 中国電力 200
9506 東北電力 700
9508 九州電力 200
9622 スペース 200
◎◎◎◎(伏せ字)

※全銘柄と言いながら一銘柄伏せ字があることをご容赦ください。

※HDはホールディングスの略

※FGはフィナンシャルグループ又はフィナンシャル・グループの略

オリックス【8591】が初めて月のマグマポートフォリオに加わったため、銘柄数は先月末から1増えて30銘柄となりました。

その他株価の下落に合わせて適宜ナンピン買いを進めています。

以下、6月の全売買履歴です。

2018年6月の全購入履歴

  • 6/1、オリックス、1810円×100株購入
  • 6/11、積水ハウス、1865.5円×100株購入
  • 6/14、ゆうちょ銀行、1347円×100株購入
  • 6/18、キヤノン、3696円×100株購入
  • 6/19、ゆうちょ銀行、1303円×200株購入
  • 6/19、日本郵政、1222円×200株購入
  • 6/19、オリックス、1792円×100株購入
  • 6/21、キヤノン、3650円×100株購入
  • 6/21、三井住友フィナンシャルグループ、4314円×100株購入

意味の分からない急落の中、複数の保有株をナンピン買いしました。

2018年6月の全売却履歴

無し

以上の結果、2018年6月の月のマグマは2,352,450円の買い越しとなりました。

保有銘柄内訳一覧

続いて組み入れ銘柄ごとの株式資産に占める割合のグラフです。それぞれの銘柄の購入額ベースでのシェアを上位10位まで示しています。

月のマグマ20180629資産円グラフ

ナンピン(買い増し)を行った結果順位にいくつか変化がありました。

三井住友フィナンシャルグループが4位から2位に順位を上げています。

また、積水ハウスがKDDIを抜いて10位から9位に上がりました。

上位10銘柄の配当利回り

保有銘柄上位10社の各配当利回りは下記の通りとなります。

銘柄 配当利回り
キヤノン 4.12%
三井住友FG 3.75%
日新製鋼 0.90%
あおぞら銀行 4.24%
JT 5.07%
◎◎◎◎
NTTドコモ 4.66%
デクセリアルズ 3.16%
積水ハウス 4.15%
KDDI 3.77%

安値をナンピン買いしている銘柄が複数あるため、ポートフォリオの利回りは上昇を続けています。

7月以降の見通し等

年初来、再三外部環境に振り回されてきた日本株ですが、一度として底割れという雰囲気にはならずにここまで推移してきていると感じます。

為替にしても、なんだかんだでドル円は110円台をキープしており、輸出関連企業の今年度のおおよその想定レート105円より大幅な円安で推移し続けています。

今年中のどこかのタイミングで「稲妻が輝く時」が訪れるのではないかと感じています。

また、訪れなくとも一向に構いません。

高配当銘柄から実りの果実をもらい続ける、株式投資の王道を続けていけば良いだけです。

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)
レクタングル広告(大)

シェアする

フォローする

関連コンテンツユニット