【決算】キヤノンの上場子会社2社は健闘、キヤノン本体はいかに【配当維持なるか】

相場は引き続き方向感の無い状況が続いています。

秋刀魚の季節20201023

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)

株式資産額2020年10月23日現在

本日大引け時点の月のマグマ株式資産は下記のようになりました。

月のマグマ株式資産額

2020年10月23日大引け時点

49,519,482円

・前日比                +500,200円(+1.02%)

・先週末比            +426,556円(+0.87%)

・ブログ開始時比 -5,011,486円(-9.19%)

上げ下げを繰り返した今週の東京株式市場ですが、月のマグマ資産は終わってみれば40万円ほどの増加で終えることができました。

週後半になってキヤノンの株価が回復したことが大きかった印象です。

ブログ開始後192週終了時点の運用状況

今日でブログ開始後192週が終了しました。

本日大引け時点の運用状況を報告したいと思います。

■ここ最近10週間の週末時点資産額推移

2020/8/7 45,949,993円
2020/8/14 49,122,479円
2020/8/21 47,980,279円
2020/8/28 48,594,242円
2020/9/4 48,931,959円
2020/9/11 49,371,242円
2020/9/18 48,941,496円
2020/9/25 48,396,496円
2020/10/2 48,696,932円
2020/10/9 50,030,461円
2020/10/16 49,092,926円
2020/10/23 49,519,482円

4900万円割れ目前まで下落した先週から4950万円まで回復することができました。

ブログ開始以来の週末ごと株式資産額推移グラフ

下図は、ブログ開始(2017年2月12日)時点から現在までの、株式資産額の週末ごと推移をグラフ化したものです。

20201023月のマグマ資産棒グラフ

引き続き細かく上下していますが、基調としては右肩上がりになっているようにも見えます。

一段高を期待したいところです。

対TOPIX比較チャート

下記のグラフはブログ開始時2017年2月12日の月のマグマ資産と、ベンチマークであるTOPIXをそれぞれ100として、その後の両者の推移を表しています。

対TOPIX折れ線グラフ20201023

今週は月のマグマ資産・TOPIXとも上昇しましたが、上昇率で月のマグマが上回りました。

その結果わずかではありますが、両者の差が縮まりました。

今週の株式取引及び受取配当金等

今週の現物買い

日付 銘柄 単価 数量 購入額
10/19 NTT 2234 100 223,400円
10/19 KDDI 2737 100 273,700円
10/20 西松建設 2076 100 207,600円
10/20 西松建設 2050 100 205,000円
10/20 住友商事 1770 100 177,000円
10/20 NTT 2203 100 220,300円
10/21 JT 1981 100 198,100円
10/22 NTT 2223 100 222,300円
10/23 長谷工コーポレーション 1295 100 129,500円

手元の買い付け余力がふんだんに出来たため、大いに買いに走っています。

通信と建設株を多く買った週になりました。

今週の現物売り

日付 銘柄 単価 数量 売却額 利益額
10/19 非公表銘柄 200 ー円
10/19 NTTドコモ 3884 1600 6,214,400円 1,587,091円
10/19 日本製鉄 1084 1300 1,409,200円 ▲3,826,505円

TOBが決まっているドコモを市場で売り切り、税務上の大きな利益が確定したため、それと相殺させる意味で損切りを行っています。

【NTTドコモ】の取引の精算

購入単価 2608円
売却単価 3884円
売却株数 1600株
粗 利 2,041,600円
購入時手数料 3072円
売却時手数料 1013円
税 金 451,274円
純利益 1,587,691円

※購入単価は平均値を書いているため実際には誤差があります。

【日本製鉄】の取引の精算

購入単価 4190円
売却単価 1084円
売却株数 1300株
粗 利 ▲4,037,800円
購入時手数料 0円
売却時手数料 640円
税 金 ▲211,935円
純利益 ▲3,826,505円

莫大な損失が確定しましたが仕方ありません。

税金を安くして無配株を処分出来たと思って前向きに受け止めます。

今週の信用取引

無し。

今週の受取配当金とその他入金等

無し。

来週以降の見通し等

記事冒頭でキヤノンの株価が回復傾向と書きまして。

それを後押しするような出来事が本日ありました。

キヤノンの上場子会社2社(キヤノン電子、キヤノンマーケティングジャパン)の第三四半期決算の発表内容がそれです。

キヤノン電子が通期の利益見通しを上方修正、キヤノンマーケが予想配当額の増額をそれぞれ発表したのです。

週明けに発表されるキヤノンの決算にも期待が持てる格好になりました。

中間配当は減額しましたが、通期での配当維持にまだ少しながら期待している月のマグマに僅かながら光が差してきた気がします。

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)
レクタングル広告(大)

シェアする

フォローする

関連コンテンツユニット