月のマグマがお金持ちを目指すブログ開始後69週終了

今週はいい調子で資産が回復していたのですが、本日最終営業日にどすんと下げられてしまいました。

梅雨入りのイメージ棚田と紫陽花20180608

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)

株式資産額2018年6月8日現在

本日大引け時点の月のマグマ株式資産は下記のようになりました。

月のマグマ株式資産額

2018年6月8日大引け時点

62,628,930円

・前日比              -366,634円(-0.58%)

・先週末比           +697,975円(+1.13%)

・ブログ開始時比  +8,097,962円(+14.85%)

昨日の段階で先週末比では、100万円以上の資産増加となっていたのですが、今日一気に36万円以上減少してしまいました。

保有銘柄全般に渡って広く売られた印象ですが、三井住友フィナンシャルグループ【8316】が前日比-1.34%の下落となる66円安(終値は4550円)となったことが大きく響きました。

SMBC一銘柄で今日一日で7万円以上の資産を減少させてしまいました。

日水製薬から期末配当金を受取り

本日保有株の内、2銘柄から3月期末の配当金を受け取りました。

一銘柄目は日水製薬【4550】です。

日水製薬配当金計算書イメージ20180608

受取配当単価:20円

持ち株数:200株

配当金総額:4,000円(税金:812円)

受取金額:3,188円

水産加工メーカーであるニッスイこと日本水産の子会社である製薬会社、日水製薬は高配当がが魅力です。

また、こうした親子上場企業の子会社の方というのは、親会社への上納金代わりの安定配当を欠かさないことが多く、安心して長期保有できます。

さらに言えばこうした子会社は、時として親会社が完全子会社化せんがために、プレミアムをつけての株式買取りを行うこともあり、思わぬキャピタルゲインを得て売り抜けられることもあります。

なんにしても低リスク高リターンの投資先だと思います。

日水製薬の株主優待QUOカードを受け取る

期末配当と同時に株主優待のQUOカード500円券も送られてきました。

日水製薬株主優待QUOカード20180608

QUOカードはセブンイレブン、ローソン、ファミリーマートの大手コンビニで使えるので大変使い勝手の良い金券です。

ありがたく使わせてもらおうと思います。

日新製鋼から期末配当金を受取り

続いては日新製鋼【5413】からの配当金受け取りです。

日新製鋼配当金計算書イメージ20180608

受取配当単価:15円

持ち株数:1,800株

配当金総額:27,000円(税金:5,485円)

受取金額:21,515円

日新製鋼は来年2019年1月1日を持って、親会社である新日鐵住金【5401】の完全子会社になることが決定しています。

親会社の株との交換方式による子会社化が行われるため、今年の年末までに日新製鋼株を全株売却しない限り、月のマグマポートフォリオからは日新製鋼が消えて、代わりに新日鐵が加わることになります。

月のマグマは新日鐵の株を保有していたこともありますが、2007年には全株売り切っているため、実に10年以上ぶりの保有となります。

期せずして、前述した親子上場企業の完全子会社化スキームが、月のマグマポートフォリオ内でも現在進行しています。

ブログ開始後69週終了時点の運用状況

今日でブログ開始後69週が終了しました。

本日大引け時点の運用状況を報告したいと思います。

■ここ最近10週間の週末時点資産額推移

2018/4/6 61,035,205円
2018/4/13 61,434,485円
2018/4/20 62,160,789円
2018/4/27 62,467,289円
2018/5/2 62,568,114円
2018/5/11 62,841,622円
2018/5/18 63,658,461円
2018/5/25 62,512,621円
2018/6/1 61,930,955円
2018/6/8 62,628,930円

ひとまずは下落が止まりました。

今日の下げが無ければもっと大きく回復できていたのですが、それでも6200万円台後半まで回復してきました。

ブログ開始以来の週末ごと株式資産額推移グラフ

下図は、ブログ開始(2017年2月12日)時点から現在までの、株式資産額の週末ごと推移をグラフ化したものです。

20180608月のマグマ資産棒グラフ

下落は2週で止めることができました。

早く6300万円台の大台を回復して欲しいところです。

対TOPIX比較チャート

下記のグラフはブログ開始時2017年2月12日の月のマグマ資産と、ベンチマークであるTOPIXをそれぞれ100として、その後の両者の推移を表しています。

対TOPIX折れ線グラフ20180608

月のマグマ株式資産は急反発しましたが、TOPIXはより大きく上昇したため、僅かながら逆転されてしまいました。

ここのところは抜きつ抜かれを繰り返しています。

今週の株式取引及び受取配当金等

今週の買い

無し

売り

無し

今週の受取配当金

  • 丸紅、900株分、13,269円
  • みずほフィナンシャルグループ、5,300株分、15,839円
  • 日水製薬、200株分、3,188円
  • 日新製鋼、1,800株分、21,515円

※全て税引き後金額

その他・貸株料等

  • MRF分配金:1円
  • マネックス証券貸株料:863円(前月:787円)
  • 第48回ソフトバンク債利払い:8,487円※

※社債は別管理のため、月のマグマ資産に影響を与えません。

来週以降の見通し等

いよいよ3月期末決算企業の配当支払いが本格化してきます。

株式投資の王道による投資の果実を実感できる季節がやってきました。

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)
レクタングル広告(大)

シェアする

フォローする

関連コンテンツユニット