【配当金生活が可能に】ついに年間配当額が250万円を超えて来た、JTやキヤノン・ドコモを買い増し

今週も複数の高配当銘柄を買い増しして、ひたすらに配当受取予定額の増額に勤めました。

秋の風景紅葉の鳥居イメージ20181116

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)

株式資産額2018年11月16日現在

本日大引け時点の月のマグマ株式資産は下記のようになりました。

月のマグマ株式資産額

2018年11月16日大引け時点

59,166,428円

・前日比               -156,907円(-0.26%)

・先週末比           -1,189,771円(-1.97%)

・ブログ開始時比  +4,635,460円(+8.50%)

週初には上昇した株価も週後半にかけて失速、月のマグマ株式資産も前週末比120万円近い資産減少になってしまいました。

しかし、ここのところ月のマグマの関心は完全に資産の時価総額から、受取配当金額に移っているためそれほどショックは受けていません。

むしろ今週の買い増しの結果、年間予想受取配当金額が250万円を超えてきたことに喜びを覚えています。

年間配当額計算イメージ20181116

先日のブログ記事で、いつでも本業であるサラリーマン生活を引退できる「経済的自由」を手に入れたと書きました。

しかし経済的自由とは言っても本当にかつかつ、最低限度の生活はしていける程度という「不自由」な経済的自由を実現したに過ぎません。

真の豊かなセミリタイアを実現させるためには、さらなる高配当株の取得が必要です。

実際には税引き後で毎月22万円の実入りを実現させる、年間グロス294万円の配当受取りを中期的な目標にしていきたいと思います。(通常配当にかかる税金は20.315%ですが、配当控除で10%程度は帰ってくるため、グロスの9掛けをとりあえずの正味手残りとして計算しています)

ブログ開始後92週終了時点の運用状況

今日でブログ開始後92週が終了しました。

本日大引け時点の運用状況を報告したいと思います。

■ここ最近10週間の週末時点資産額推移

2018/9/7 60,007,663円
2018/9/14 61,023,490円
2018/9/21 62,960,546円
2018/9/28 63,126,643円
2018/10/5 62,941,048円
2018/10/12 60,952,689円
2018/10/19 61,223,706円
2018/10/26 58,339,262円
2018/11/2 59,772,256円
2018/11/9 60,356,199円
2018/11/16 59,166,428円

6000万円の大台維持はかなわず、あえなく1週間で陥落してしまいました。

ブログ開始以来の週末ごと株式資産額推移グラフ

下図は、ブログ開始(2017年2月12日)時点から現在までの、株式資産額の週末ごと推移をグラフ化したものです。

20181116月のマグマ資産棒グラフ

せっかく2週連続で回復したのですが、今週は反落となってしまったことが見て取れます。

本当に今年は、年初に資産過去最高額を更新して以降はどうにもなりません。

回復しては叩き落とされということを何度となく繰り返しています。

対TOPIX比較チャート

下記のグラフはブログ開始時2017年2月12日の月のマグマ資産と、ベンチマークであるTOPIXをそれぞれ100として、その後の両者の推移を表しています。

対TOPIX折れ線グラフ20181116

月のマグマ・TOPIXとも下落となりましたが、TOPIXの方が下落率が大きく、両者の差がさらに開きました。

下落時には月のマグマの方が優勢なのはここのところの一貫した傾向です。

今週の株式取引及び受取配当金等

今週の買い

日付 銘柄 単価 数量 購入額
11/15 JT 2819 100 281,900円
11/15 キヤノン 3224 100 322,400円
11/16 NTTドコモ 2574.5 100 257,450円

JT、キヤノン、ドコモに計3回の買い付けを行いました。

12月の配当権利日が近づいて来ているというのに、12月決算銘柄のJTやキヤノンの低迷が継続しています。

安く売ってくれるというのですから大歓迎で買っていくだけの話です。

今週の売り

日付 銘柄 単価 数量 売却額 利益額
11/12 ◎◎◎◎ 100 △78,147円

唯一の非公開銘柄を100株損切りしました。

今週の受取配当金

無し

その他・貸株料等

  • SBI証券貸株料:3,313円(前月:2,952円)

来週以降の見通し等

アルインコ【5933】を皮切りにいよいよ9月中間配当の支払いが始まります。

大きなものとしては年に4回訪れる株式投資の実りを実感できる時期です。

もちろん全額を再投資して揺るぎない資産の構築に当てる予定です。

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)
レクタングル広告(大)

シェアする

フォローする

関連コンテンツユニット