年間配当金が300万円を明確に突破、株価上昇で株式資産5800万円を回復

今週も株価上昇が続き、株式資産回復の週となりました。

株価回復のローソク足チャート20190222

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)

株式資産額2019年2月22日現在

本日大引け時点の月のマグマ株式資産は下記のようになりました。

月のマグマ株式資産額

2019年2月22日大引け時点

58,250,189円

・前日比                -74,800円(-0.13%)

・先週末比           +1,210,680円(+2.12%)

・ブログ開始時比  +3,719,221円(+6.82%)

前日比で資産額は微少に減少しましたが、今週は木曜日まで4日間増加し続けていたため、先週末比では120万円を越す大きな回復となりました。

ブログ開始後106週終了時点の運用状況

今日でブログ開始後106週が終了しました。

本日大引け時点の運用状況を報告したいと思います。

■ここ最近10週間の週末時点資産額推移

2018/12/14 57,599,173円
2018/12/21 54,074,300円
2018/12/28 54,121,619円
2019/1/4 53,497,356円
2019/1/11 55,834,045円
2019/1/18 56,688,086円
2019/1/25 57,588,386円
2019/2/1 56,418,225円
2019/2/8 55,628,464円
2019/2/15 57,039,509円
2019/2/22 58,250,189円

先週の急回復で5700万円の大台回復を果たしたのですが、今週は5800万円を超えてきました。

資産回復が加速してきています。

ブログ開始以来の週末ごと株式資産額推移グラフ

下図は、ブログ開始(2017年2月12日)時点から現在までの、株式資産額の週末ごと推移をグラフ化したものです。

20190222月のマグマ資産棒グラフ

良い感じで回復してきていることが見てとれます。

対TOPIX比較チャート

下記のグラフはブログ開始時2017年2月12日の月のマグマ資産と、ベンチマークであるTOPIXをそれぞれ100として、その後の両者の推移を表しています。

対TOPIX折れ線グラフ20190222

今週もTOPIX・月のマグマ両者そろっての上昇となりましたが、月のマグマの伸び率が若干上回りました。

そのため両者の差がさらに広がりました。

今週の株式取引及び受取配当金等

今週の現物買い

日付 銘柄 単価 数量 購入額
2/19 アサヒホールディングス 2179 100 217,900円
2/20 アサヒホールディングス 2172 100 217,200円
2/22 オリックス 1610 100 161,000円

アサヒホールディングス【5857】を新規購入しました。

アサヒホールディングスの買い2回は厳密には信用取引で買っていますが、売買手数料の節約のために現引前提で買っており、即日で現引していますので現物扱いで掲載しています。

オリックスは前回買い値1574円(2017年12月21日)より上の値段ですが、3月期末が近づいて来ましたので配当取り目的での買い増しです。

配当利回りは4.7%を超えていますので文句無く買いだと思います。

今週の現物売り

無し

今週の信用取引

無し

今週の受取配当金

無し

その他・貸株料等

無し

年間受取配当金が明確に300万円を突破

今週のアサヒホールディングスとオリックスの買いの結果、ついに年間の予定受取配当金総額(グロス)が明確に300万円を超えてきました。

年間受け取り配当金20190222

先々週の段階で「実質的」に年間配当金額は300万円を超えていましたが、それは月のマグマ資産とは別管理のNISA口座で買っている分を含めてのちょっとズルい計算でしたが、今週は明確に月のマグマ資産のみでオーバー300を達成しました。

今後、400万円、500万円と増やせていけたらベストなのですが、そのためには今のポジションを高値で一度売却・解消し、その後に今回の年末年始のような阿鼻叫喚相場で高配当株の大量購入が必要となるので、あと数年単位で時間が必要と思われます。

来週以降の見通し等

急速な株価の回復が続いています。

そろそろ一度調整が来ても不思議では無い気もしますし、大勢の人がそう感じている時こそさらに大きく上昇するのかも知れないとも考えられます。

願望から言うと3月期末の配当権利確定前ということで、ガクーンと一度下がってくれて買い場を用意してくれるとありがたいです。

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)
レクタングル広告(大)

シェアする

フォローする

関連コンテンツユニット