【2017年3月期決算発表】NTTドコモ、東北電力、デクセリアルズ、ネットワンシステムズ【売却】急騰したキヤノンを一部利益確定

続々と2017年3月度の企業決算が発表されています。月のマグマ保有銘柄では本日4銘柄が決算発表を行いました。

以下その結果と雑感を書いていきたいと思います。

新宿駅南口夜景20170427

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)

NTTドコモ2017年3月期決算発表

NTTドコモ(9437)が本日2017年3月期本決算を発表しました。

NTTドコモの平成29年3月期業績

■2017年3月度業績

営業収益 4,584,552(+1.3%)
営業利益 944,738(+20.7%)
税引前利益 949,563(+22.0%)
純利益 652,538(+19.0%)

※単位百万円、()内は対前年比

横綱相撲とでも言えましょうか、NTTドコモの2017年3月期本決算は増収増益の大変安定した好決算となりました。

NTTドコモ2017年3月期配当金

■当期純利益及び配当金

  H.29年3月期 H.28年3月期
1株当り純利益 175.12円 141.30円
年間配当金 80円 70円

配当額は従前からの予想通り1株あたり80円で決定しました。前期からは10円の増配となっています。

NTTドコモの2018年3月期の業績見通し

■2018年3月期業績見通し

営業収益 4,750,000(+3.6%)
営業利益 960,000(+1.6%)
税引前利益 966,000(+1.7%)
当期純利益 655,000(+0.4%)
1株当り純利益 176.81
配当金 100

※単位は1株当り純利益と配当金は円、その他は百万円、()内は対前年比

やってくれました。来年度の予想配当額を2017年度の80円から20円増配し、100円と打ち出してきてくれました。ここのところ株価が低迷していたため、少し購入を検討してはいたのですが買い逃しました。

配当利回りで3.1%行くか行かないかくらいだったので「もう少し下がったら買おうかな」などと考えていましたが、もう明日以降はそんな水準では買えなくなります。国内トップシェアの移動通信事業者を信じて買えた人のみが笑う結果になりました。

ここ数日でドコモ株を買えた方はおめでとうございました。選択眼に敬意を表したいと思います。

東北電力2017年3月期決算発表

続いては東北電力(9506)の2017年度3月期本決算内容です。

東北電力の平成29年度3月期決算

■東北電力の2017年度3月期業績

売上高 1,949,584(-7.0%)
営業利益 130,422(-31.3%)
経常利益 104,704(-31.4%)
親会社株主に帰属する当期純利益 69,931(-28.1%)

※単位百万円、()内は対前年比

厳しい数字が並びました。原発未稼働が続く大変厳しい経営環境が続いています。

続いて配当金額です。

東北電力2017年3月期配当金

■当期純利益及び配当金

  H.29年3月期 H.28年3月期
1株当り純利益 140.10円 195.01円
年間配当金 35円 25円

こちらも従前からの予想通り通年で10円増配の35円となりました。厳しい環境下でも増配をしてくれる心意気がありがたいです。

来年度の業績見通し

■2018年3月期業績見通し

売上高 2,070,000(+6.2%)
営業利益 112,000(-14.1%)
経常利益 90,000(-14.0%)
親会社株主に帰属する当期純利益 60,000(-14.2%)
1株当り当期純利益 120.25
配当金 40

※単位は1株当り純利益と配当金は円、その他は百万円、()内は対前年比

東北電力も来期の増配予想を発表してくれました。素晴らしいです。

デクセリアルズ2017年3月期決算発表

続いてはデクセリアルズ(4980)の2017年度3月期本決算内容です。

デクセリアルズの平成29年度3月期決算

■デクセリアルズの2017年度3月期業績

売上高 62,598(-0.1%)
営業利益 3,491(-58.0%)
経常利益 2,893(-64.6%)
親会社株主に帰属する当期純利益 949(-79.3%)

※単位百万円、()内は対前年比

数字だけを見ると大変厳しい数字が並ぶように見えますが、実はこれでも前回予想からは上方修正されています。最初に脅かし過ぎと言えばそれまでですが、下方修正されるよりはよほどうれしいです。

続いて配当金額です。

デクセリアルズ2017年3月期配当金

■当期純利益及び配当金

  H.29年3月期 H.28年3月期
1株当り純利益 15.85円 73.16円
年間配当金 55円 60円

前期比5円減配の55円となりました。利益が出ていない以上は致し方ないところでしょうか。

来年度の業績見通し

■2018年3月期業績見通し

売上高 64,000(+2.2%)
営業利益 5,300(+51.8%)
経常利益 5,100(+76.3%)
親会社株主に帰属する当期純利益 3,000(+216.0%)
1株当り当期純利益 49.93
配当金 40

※単位は1株当り純利益と配当金は円、その他は百万円、()内は対前年比

減配予想で出てきてしまいました。落胆しています。早急な体質改善を期待したいところです。

ネットワンシステムズ2017年3月期決算発表

続いてはネットワンシステムズ(7518)の2017年度3月期本決算内容です。

ネットワンシステムズの平成29年度3月期決算

■ネットワンシステムズの2017年度3月期業績

売上高 157,236(+8.3%)
営業利益 5,747(+134.3%)
経常利益 5,701(+119.7%)
親会社株主に帰属する当期純利益 3,822(+153.3%)

※単位百万円、()内は対前年比

今期のネットワンシステムズは素晴らしい決算となりました。ここ数年配当は維持するものの大変厳しい決算が続いていましたが、ついに反騰の時が来たようです。耐えて保有し続けたネットワン株主の皆様と祝杯を挙げたい気分です。

続いて配当金額です。

ネットワンシステムズ2017年3月期配当金

■当期純利益及び配当金

  H.29年3月期 H.28年3月期
1株当り純利益 45.20円 17.85円
年間配当金 30円 30円

配当は前期比変わらずとなりましたが内容が違います。年間配当金額を大きく上回る1株当り純利益をきっちりと計上しての健全配当です。株主として大変誇らしいですね。

来年度の業績見通し

■2018年3月期業績見通し

売上高 157,000(-0.2%)
営業利益 7,200(+25.3%)
経常利益 7,200(+26.3%)
親会社株主に帰属する当期純利益 4,600(+20.3%)
1株当り当期純利益 54.39
配当金 30

※単位は1株当り純利益と配当金は円、その他は百万円、()内は対前年比

来期も見通しは明るいようです。大変結構なことだと思います。

月のマグマ株式資産額

 

■月のマグマ株式資産額

 2017年4月27日大引け時点

 55,851,695円

  前日比    +334,139円、  +0.60%

  先週末比 +2,263,269円、+4.22%

本日は全体相場は上昇一服となりましたが、月のマグマ資産は引き続き回復を続ける結果となりました。その最大の要因が昨日第1四半期決算を発表したキヤノン(7751)です。対前年比で大幅な改善を見せた四半期決算を材料に前日比3.7%と大幅上昇し、年初来高値を更新しています。

キヤノンと北陸電力が決算発表、全体相場は爆上げ継続中

キヤノン株は月のマグマ資産のトップ銘柄であり、この上昇が資産増加に大きく寄与しました。

【月のマグマの株式保有銘柄】2017年3月期の決算発表予定日一覧

好決算発表で急騰したキヤノンを一部売却・利益確定

この上昇をとらえて本日キヤノンを本日の高値圏である3,748円で100株売却しました。税金手数料等を引いて正味88,046円の利益確定となりました。

資産の詳細な推移等の振り返りは週末の記事に反映させる予定でおります。是非週末の記事もご覧ください。それでは。

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)
レクタングル広告(大)

シェアする

フォローする