銀行株急落の影響で資産続落の中、九州電力をナンピン買い

日本時間の昨晩アメリカのFRBの委員会があり、その影響なのか為替相場が円高に振れています。

その影響もあってか本日の全体相場は続落となりました。

忘年会シーズン真っただ中の新宿歌舞伎町イメージ20171214

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)

煽りを食って下落中の九州電力を200株ナンピン買い

円高の影響で日本株が下がるのは仕方がありませんが、日本の電力会社は身内であるはずの日本の裁判所から、日本全体にとって損になる命令を受けて株価が下がるという悲惨な目にあっています。

昨日の広島高裁の伊方原発3号基差し止め命令が尾を引き、保有株の九州電力が続落したため、ナンピン買い出動しました。

九州電力購入画面イメージ20171214

前日比25円安となる1210円で200株購入しています。

これで同銘柄の保有残高は400株となりました。

まだまだ損出し前の保有株数1700株にはほど遠い保有株数です。

■九州電力過去3年間の株価チャート

※SBI証券HPより引用

九州電力過去2年間株価チャート20171214

本日の安値は1209円、終値は若干戻して1214円でした。

さらに下げればナンピンをするべきか再度損出しに使うか迷うところです。

株式資産額2017年12月14日現在

本日大引け時点の資産状況です。

月のマグマ株式資産額

2017年12月14日大引け時点

64,283,661円

・前日比                -207,093円(-0.32%)

・先週末比            +370,212円(+0.58%)

・ブログ開始時比   +9,752,693円(+17.88%)

これまで堅調だった銀行株が一点急落して月のマグマ株式資産の減少の原因となっています。

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)
レクタングル広告(大)

シェアする

フォローする