ショックアブソーバーやパワステ製造大手のショーワを追加売却

本日の相場は前場は堅調でしたが、後場に入ると急落・安値引けとなる大変引け味の悪い一日となりました。

そんな中月のマグマは本日1銘柄の売買を行っています。

ショーワ売却画面イメージ20170921

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)

ショーワを100株売却・利益確定

堅調だった前場に、ひと銘柄売却することができました。

年初来高値を更新して大きく上昇したショーワ【7274】を、本日の前場引け間際に100株追加売却しました。

その時点の高値1,354円での売却となりました。

今回の売却したのは、1,077円で購入していた分を売ったことになりますので、税金・手数料等を引いて18,648円の利益確定となりました。

月のマグマの保有株の購入単価管理についての考え方は下記記事に詳しく書いてあります。ご興味ある方は読んでみてください。

安く買って高く売るのが株式投資の王道

同社の1単元あたり年間予想配当額は2,000円のため、グロスベースの配当金9年分以上を売却益で確保できました。

高値は1,358円、終値は1,311円(前日比+38円)となりました。

VWAPは1,346.1円でしたので、市場平均付近よりは上で売ることができたことになります。

■ショーワの過去2年間の株価チャート

※SBI証券HPより引用

ショーワ過去2年間株価チャート20170921

この売却の結果、保有残高は100株を残すのみとなりました。

同銘柄については同社製品由来のリコール問題が発生し、一時は無配転落・長期塩漬けも覚悟せざるを得ない事態に陥りましたが、意外なほどの業績回復を見せて持ち株の処分が進みました。

残りの100株の取得金額は単価1,120円であり、売却時の課税を加味しても黒字撤退が可能となっています。

一時は長期塩漬けも覚悟したことを思えば、現在は天国のような境地と言っても過言では無いでしょう。

これもひとえに財務健全な優良企業に投資先を絞るという、株式投資の王道を守ってきた結果だと思っています。

株式資産額2017年9月21日

本日大引け時点での月のマグマ株式資産額を公表します。

月のマグマ株式資産額

2017年9月21日大引け時点

59,595,358円

・前日比               -44,753円(+0.08%)

・先週末比            +466,881円(+0.79%)

・ブログ開始時比   +5,064,390円(+9.29%)

日経平均やTOPIXは上昇しましたが、月のマグマ株式資産は減少となりました。

今週火曜日に資産額過去最高を記録して以降、2営業日連続で資産減少となってしまいました。

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)
レクタングル広告(大)

シェアする

フォローする