株式資産額地味に過去最高を更新、相場は米国雇用統計発表を前に様子見姿勢

今日の東京株式市場は、今までにも増して膠着感の強い展開となりました。

米国の雇用統計を日本時間の明日(6日)夜に控えて様子見姿勢が強まっているのでしょうか。

石壁イメージ20171005

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)

株式資産額が過去最高を更新2017年10月5日

本日大引け時点での月のマグマ株式資産額が微少ながら過去最高を更新しました。

月のマグマ株式資産額

2017年10月5日大引け時点

59,870,210円(過去最高額更新!)

・前日比               +36,400円(+0.06%)

・先週末比            +278,701円(+0.47%)

・ブログ開始時比   +5,339,242円(+9.79%)

9月26日に記録した資産過去最高額59,852,893円を17,317円分更新しました。

保有株の中で特段目立った上昇をした銘柄はありませんでしたが、傾向として電力株のここ数日の堅調が追い風にはなっています。

10月4日に東京電力の柏崎刈羽原子力発電所が、事実上の原子力規制委員会の検査合格したとの報道を受けてのことと思われます。

9月26日悲惨な決算発表した北陸電力をナンピン

記録更新とは言っても場中や大引け直後にはまったくその実感は無く、引け後に評価額を計算してみて初めてその事実に気づきました。

そのため、まったく達成感や高揚感といったものとは無縁の記録更新でした。

ただこれで、6000万円の大台までの残りは13万円弱となりました。

今週は明日一日を残すのみとなりましたが大台達成となりますでしょうか。

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)
レクタングル広告(大)

シェアする

フォローする