日新製鋼TOB本日締め切り運命やいかに

本日、新日鐵住金による日新製鋼への株式公開買い付け(TOB)が締め切られました。

野村證券に確認したところによると、本日15:30で申し込みが締め切られ、明日3月7日(火)にTOB結果が確定、売却代金が支払われるのは週明け13日(月)になるとのことでした。

本日の日新製鋼株価の終値は、前日比で変わらずの1,612円、高値はTOB価格にあと3円まで迫る1,617円までありました。

2月2日のTOB正式発表以降、日新製鋼の株価はじりじりと上昇を続け、TOB締め切りまで2週間を切った2月22日に初めて1,600円の大台に乗せ、昨年来高値を更新しました。

そしてさらにそこから、TOB価格にさや寄せする形で今日のTOB最終日を迎えました。

日新製鋼TOBその後の経過

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)

野村証券へTOB期間経過後の取扱を確認

僅かにTOB価格に届かなかったとはいえ、かなり接近したとあってここ数日を含めて、かなりの投資家が市場で売却したと思われます。

そのため、結果的にTOBに応募した株数は減り、新日鐵住金が定めた買取株数の上限には達せずに終わるとみています。

月のマグマは日新製鋼株式保有分の半分ほどを申込んでいます。目論見通りすべて売却できれば現金ポジションがさらに大きくなる予定です。

買い付け余力が大きくなり、さらに年度末が近いとなるとどうしても株を買いたくなりますが、今のところ購入予定などはまったくありません。

全体相場はここ数ヶ月でかなり上げてきており、まったく割安感が無いからです。

近々調整局面が来る可能性もあると思われます。ここは見(けん)に徹するべきかと思っています。

なんにしろ今日の時点ではまだ何も分かりません。どんでん返しで比例配分となり、申し込みの半分しか売れなかった、といったことにならないとも限りません。

静かに明日の発表を待ちたいと思います。

2017年3月6日の株式市況と株式資産額

日経平均 19,379.14円 -90.03 (-0.46%)
TOPIX 1,554.90 -3.15 (-0.20%)

本日の株式市場は円高を受けて終日軟調、取引も盛り上がらず2兆円の大台を大きく割り込みました。

本日も月のマグマは取引していません。

待望の配当権利日まであと16営業日となりました。株式投資でお金持ちになる王道は配当金を受け取り続けることです。

権利日までしっかりホールドして、きっちりと株式市場から実りの果実を受取りたいと思います。

2017年3月6日現在株式資産額
55,698,516円(前日比-111,600円)

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)
レクタングル広告(大)

シェアする

フォローする