得する平成28年(2016年)分確定申告書作成日記

平成28年(2016年)分の所得税および復興特別所得税・贈与税の確定申告の受付が2月16日(木)から始まっています。

3月15日(水)が提出の期限となっています。まだの方はそろそろ急ぎましょう。

申告する控除の種類によっては、予定外に必要書類をそろえるのに時間がかかったりして、慌てることにもなりかねません。

月のマグマはこの土日を使って仕上げました。後は郵送するだけです。

大半のサラリーマンは住宅取得時や、医療費控除を受ける年以外は会社の年末調整で税処理が完了するため、確定申告は縁遠いことと思っている人が多いのでは無いかと思います。

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)

特定口座を利用しない理由

月のマグマは毎年自分で確定申告をしています。株の取引で特定口座制度を利用せず、一般口座で行っているため確定申告が必要になります。

株式売却時に税金を源泉徴収されるより、確定申告を選んだ方が期限の利益を得られるため、という後付けの理由を挙げることもできますが、正直に言えば特定口座制度ができた時に手続きするのが面倒だった、というのが一般口座を使い続けている正直な理由です。

また、税額を自分できちんと計算して納得して払いたい、というのも理由のひとつです。

是が非でも利用すべき株式の配当控除

また、配当控除を受けるということも確定申告をする大きな理由です。

配当控除はよほどの高給取りで無い限り、株の配当を受けた人は是非利用した方がいい制度です。色々と細かい部分はあるのですが、大胆に省いて説明すると以下のようになります。

一年間で受け取った、配当総額を含めた課税所得(所得から控除も引いた残りの額、収入よりかなり小さな数字になります)が、695万円以下の人は申告して、配当控除を受ける方が有利になります。

株式の配当には現在、所得税、復興特別所得税、住民税を合わせて20.315%が課され、配当金受取時に源泉徴収されます。

その内のいくばくかが、確定申告をすることによって戻ってくるのです。どれくらい戻ってくるのかは先ほどの課税所得695万円以下であれば、課税所得が低いほどより多く戻ってきます。所得税率は累進課税になっているからです。

現在確定申告はe-taxという電子申告が可能になっています。

国税庁のHPに専用サイトが用意されており、そこに申告内容を入力していくことで、ペーパーレスに申告を完了させることが出来ます。

ただこれを利用するためには、専用のICカードリーダ・ライターが必要である点が不評で、利用者数は伸び悩んでいると聞きます。

しかしながら、最終的な提出は紙面で提出するにしても、e-taxサイトは利用可能で、すべての税額を計算して残りはプリントアウトするだけの状態までにしてくれて大変便利になっています。

月のマグマもこれを利用して申告書を作成しています。

今回改めて遡って調べてみたところ、月のマグマは平成12年(西暦2000年)分から確定申告をしていますが、平成20年(西暦2008年)分から上記の自動計算サイトを使って申告書を作成していました。

使い勝手は動作も軽快で大変使いやすいものになっています。

日本のサラリーマンは、年末調整で税務処理が完了してしまい、自分で確定申告書を作成する労を要しないために税負担意識が薄い、ということがよく言われます。

これについては私もその通りだと思います。ただ、税負担意識云々ということよりも、サラリーマンが会計意識を持ちづらくなることの悪影響の方をむしろ問題視すべきではないか、と思います。

収入があり、そこから様々な必要経費や各種控除を引いた、残りの課税所得に税金が課されるということを、事業主やフリーランスで働く人は、当然すぎるほど当然のこととして意識しています。

意識するどころか、時にはその対策に、本業に傾ける以上の熱意を持って取り組みます。

そんな会計感覚を意識に乗せる、格好の機会が確定申告をすることなのであり、多くのサラリーマンはその機会を結果的に奪われているのであり、そのことを意識すらできていません。

そいういう意味では確定申告はやらなければならない義務では無く、サラリー以外の申告すべき収入を持っていることによる特権だ、と考えた方がよいのでは無いかとさえ思えます。

その特権の一番簡単な取得方法が、株式を持ち配当を受けとることなのです。

以上のことから、配当を目的とした王道的株式投資は、一介のサラリーマンこそが是が非でも実践するべきものだと月のマグマは考えます。

特に、サラリーマンをリタイアしたい、あるいはいつかは独立したいと考えている人は、まず株の配当をもらい、自分で確定申告をしてみることから始めてみることを強くお勧めします。

見える世界が明らかに変わってきますよ。

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)
レクタングル広告(大)

シェアする

フォローする